MRDBや桐の業務ソフトをAccessに移行するには

古いパソコンから新しいパソコンに買い換えるときに困るのは
古いパソコンで利用できていたものが新しいパソコンに利用できるか、と
いうことでと思います。

パソコンはOSのバージョンが違うと、こちらからは同じ処理をしているように見えても
実際は違う、という事があり、その結果、古いソフトが正常に動作しない事もあります。
特にサポートの終わってしまったツールで業務ソフトが作られている場合、
新しいPCに移設しても正常に動作するとは限らないため、
なかなかPCを買い換えられないという会社様もいるのではないでしょうか。
弊社ではそうした業務ソフトをAccessに移行させることによって
従来のシステムの仕様はそのままに、お客様のご要望を取り入れて
より使いやすいシステムにいたします。

MRDBのようにサポートが終わってしまったツールで作られたソフト、
桐やFileMakerでかつて社員が作成してくれたけど退職してしまって
メンテナンスができなくなってしまったソフトを仕様はそのままで
使っていきたい、という会社様はお気軽に弊社にお問い合わせください。
弊社ではMRDBや桐、FileMakerでのソフトをお預かりして、
データを整理・統合して、よりよくソフトを使っていただけるように
Accessに移行いたします。