OneStyleTop>コーヒーの過剰摂取には注意が必要です

コーヒーの過剰摂取には注意が必要です

作業をしなければならないのにどうにも眠くなってしまうときや
気分転換をして気合を入れ直したいときなどに、多くの方が飲む
ものといえばコーヒーというのが一般的なのではないかと思います。

コーヒーについては成分によっては健康効果をもたらすこともあると
聞いたことがありました、その一方でやはり飲みすぎは逆効果に
なってしまい、体にとっても良くないのだそうで、コーヒー好きの
方には注意が必要になるのだそうです。

今回の研究成果を発表したのは西オーストラリア大学の研究チーム
なのだそうで、彼らはコーヒーに含まれている「クロロゲン酸」という
物質に注目して研究を行ったのだそうです。クロロゲン酸はプラムなどの
一部のフルーツやお茶にも含まれているそうなのですが、その量は
コーヒーに含まれている量よりは少ないそうです。

クロロゲン酸は、過去の研究によって血圧を下げたり、脂肪を体に
ためにくくする作用など、健康にも良い効果をもたらすことが
示されてきたそうなのですが、研究チームはそのクロロゲン酸を
非常に多く摂取した場合、健康にどのような影響が生じるか、という
実験を行ったのだそうです。

実験では、肥満のマウスに対してコーヒー5、6杯分に相当する量の
クロロゲン酸を与えたそうです。
すると、マウスは体に脂肪をためこむという結果になったそうで、加えて
ブドウ糖を調節するホルモンのインスリンの働きが鈍くなってしまい、
糖尿病予備軍とみなされる状態になってしまったのだといいます。

今回の実験結果で、5杯以上という多い量のコーヒーはかえって肥満や
糖尿病になってしまうリスクを高めるということが示されたそうです。
研究チームは「健康効果を得られるかは飲む量により、3、4杯までであれば
心臓血管病や2型糖尿病が発生するリスクを軽減する効果が期待できます」と
話しているそうです。

5杯以上、という量はなかなか飲めないようにも思えますが、健康に
良いといわれるものでも適量というのが大事なようです。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

« 新型のコロナウイルスが広がっているそうです | メイン | 生きた化石といわれるカエルが発見されたそうです »