OneStyleTop>コーヒーも飲み過ぎに注意が必要です

コーヒーも飲み過ぎに注意が必要です

いきなりですが、何か作業をしているときに眠くなってしまった場合、
皆様はどのように眠気を解消しているでしょうか?
ガムを噛んだり、コーヒーを飲んだり、気分転換に伸びをしてみたりと
色々な方法があると思います。
また、眠気を覚ますだけでなく気分転換など何かとコーヒーが欠かせない
方もいらっしゃるかと思います。

一般的にも広く知られていることだとは思いますが、コーヒーには
カフェインという成分が含まれているため飲んでから30分くらい経つと
脳が刺激されるために目が覚めたようにすっきりし、集中力も高まるように
感じるのだといいます。

しかし、その一方で飲み過ぎてしまうと頭痛や疲労感、不安感、眠れない、
胃腸の調子が悪い、などの症状が出てしまうことがあるそうです。
濃いコーヒーを10杯飲むことが習慣になってしまうと、吐き気や震えなどの
心配になる症状を起こしてしまう場合もあるのだとか。その場合に、単純ではありますが
飲む量を少しずつ減らしていくと、頭痛や不安感が緩和された、ということも
あるのだといいます。

カフェインは、体内から半分くらい排出されるまで3時間から7時間ほどかかるそうなので
その間に飲み終え、もう1杯を用意しても気分をすっきりさせるというような感覚は
あまり得られない可能性もあるようです。そのため、飲む量が足りないのではと考えてしまい
結果、飲み過ぎに繋がってしまうのだといいます。

当たり前のことだと思うのですが、コーヒーにしても何にしても、やはり飲み過ぎ
摂り過ぎは体に良くない、ということなのだと思います。
私もコーヒーが好きでよく飲むのですが、その量には注意しようと思います。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

« 夢の内容が解析されました | メイン | コアラの生態と人間 »