OneStyleTop>リスクが減少しました

リスクが減少しました

緑茶とコーヒーがお好きな方には、ちょっと嬉しい
ニュースを見かけたのでご紹介したいと思います。

それは、3月15日に国立循環器病研究センターが
緑茶やコーヒーを摂取する割合が高い人は、摂取しない
人と比べると循環器疾患、脳卒中、脳梗塞などを
発症するリスクが低くなる、という研究結果を発表した、
というものです。
今回の研究は、国立循環器病研究センターや国立がん
研究センターなどの共同研究によるものだといいます。

緑茶やコーヒーが脳卒中の予防効果を示す研究は過去にも
あるそうなのですが、今回行われたような大規模な調査は
初めてなのだそうです。

研究チームは、岩手県、秋田県、長野県、沖縄県中部、
茨城県、新潟県、高知県、長崎県、沖縄県宮古などにある
9保健所の管内に住んでいる45歳から74歳までの女性4万
4000人と、男性3万8000人を対象に、平均で13年間の追跡
調査を行い、緑茶やコーヒーを飲むことで脳出血や脳梗塞
などの脳卒中の発症率が下がるかを調べたそうです。

結果は、緑茶を毎日2、3杯飲む人はまったく飲まない人に比べて
14パーセントほど発症率が低下し、4杯以上だと20パーセント
下がったそうです。緑茶に多く含まれるカテキンが、脳内の
血管を保護するように働いている可能性があるのだとか。

また、コーヒーを毎日1杯以上飲む人は、まったく飲まない人
よりも発症率が20パーセント低かったといいます。
コーヒーに含まれるクロロゲン酸の働きで血糖値が改善されて、
脳卒中の原因の一つ、糖尿病の発症を抑えた結果だとみているそうです。

好きなものを飲んで、病気の発症率を減らせるなら手軽な予防法に
なりそうです。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

« たかが癖されど癖 | メイン | 逆さまです »