OneStyleTop>2年が経ちました

2年が経ちました

被災地となってしまった宮城県、福島県では今でも31万人以上の方々が
仮設住宅や、他の地域へ引っ越しての生活をされているそうです。

2年が経ったといいますが、被災地からは離れていて、被害自体も
あまり酷いものでは無かった地域に住んでいる私でも、あの時の事は
今でも覚えています。

今日は被災者の方が暮らす仮設住宅がある地域など各地で、被災し
亡くなってしまった方々の追悼式などが行われているそうです。
そして、震災が起こった午後2時46分には黙祷をするのだと報じられていました。

被災地で飼われていた犬などのペットと、その飼い主家族との再会が実現した
地域もあります。被災犬を預かる岐阜県のNPO法人では、震災2年に合わせて
日帰りの里帰りを実現させたそうです。

そしてその他にも、現在も開催中のWBCで、3月8日に行われた台湾 対 日本戦では、
「感謝TAIWAN」、「3.11支援謝謝台湾」といった東日本大震災への台湾の支援に感謝する
プラカードが日本側のスタンドで掲げられたそうで、台湾で放送されたテレビ中継でも
大きく映され、台湾のSNSでは「感動した」という声も多いそうです。

こういったニュースを見ると、たくさんの人に支えられて今があるんだな、
少しずつでも復興は進んでいるんだな、と思ってしまうのですが、震災2年に
関連して放送されている番組などを見ていると、がれきの処理や農業の復活など、
難しい部分もまだまだ多く残っているようです。

時間が経ったからと言って忘れてしまうのではなく、ただ悲観するのでもなく、
復興に向けて地道にでも進んでいく東北の方々の強さと逞しさに胸を打たれました。
できる事をする、と言うのもそうですが、少しでも早く復興が進んで、震災前以上の、
活気が戻ってくると良いなと願っています。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

« スギだけではありません | メイン | スマホ症候群 »