新種が発見されるのは目に見えるものだけではありません

科学技術というものは日々進歩していますが、
それ以上にミクロの世界というのは
こうやってキーボードをたたいている間にも
変化していっています。

たとえばインフルエンザなどは度々
変異したウイルスが猛威をふるいます。
数年前は中国で突如、重症化する
SARSウイルスが猛威をふるい、
世界中が大混乱に陥りました。

今回もサウジアラビアで新種のウィルスが発見され
猛威を振るっています。

すでにサウジアラビアももとより、ドイツ・フランス
イギリスに到達しているウイルスは
「MERS(マーズ)ウイルス」といい、
かって世界中が混乱したSARSウイルスと同種のものです。
すでに死者が出ており、日本をはじめとする
各国で警戒が強まっています。

ウイルスや細菌は特定の状況下で
お互いに遺伝子交換で変異してしまう種もあるそうで
時折、こうして大流行してしまうものもあるそうです。

かつてSARSが大流行したとき、
日本はSARSウイルスの感染者が0だったそうです。
(ただ、感染して発症しても重症にならずに
完治してしまっているケースも
まったくないというわけではないそうですが)

これ以上感染が各国に広がる前に沈静化してくれるとよいのですが
WHOの活躍に期待をしています。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

ワールドカップやオリンピックのその裏で

2013年6月現在、日本はFIFAコンフェデレーションカップで湧き上がっています。
ワールドカップ出場が決定して日本中で熱狂したのはつかの間、
先日の開幕戦で0-3でブラジルに完敗。世界の壁の高さを垣間見ました。

さて2014年のワールドカップはブラジルで開催することが決定していますが
そのことでブラジル国民からは反対の声とデモ運動があります。

サッカーで有名な国なので歓迎かとおもいきや
「ワールドカップに公金が使われすぎている」
「コンフェデレーションカップよりも医療や教育に」
と、抗議があるようで、実際にブラジルではワールドカップによって
インフラの整備が進んでいる一方で、
設備に対する使用料金や食料品の値上げがおこり、
貧富の差が拡大傾向にあります。
また、ブラジルは2016年にオリンピックが開催されることもあり
そのことでもデモ運動が激化の方向にあるようです。

オリンピックの開催地に選ばれるということはインフラを整備したりと
景気が一時的によくなる反面として、今回のようにデモがおきたり
他国からのテロの標的になったりする一面もあります。
やはり世界全体で景気が下回っているので例年より
こういった側面が強く出てきているのですね。

話は変わるのですが筆者はサッカーや野球より
陸上競技が好きなので今年の夏にモスクワで行われる
世界陸上が楽しみです。

正直、国際大会においての陸上競技は
投擲以外の種目はケニアやジャマイカなど
黒人種の方々の独壇場なのですが
むしろ最近は彼らがどこまで記録を伸ばすかが
楽しみなところがあります。

今年はどんな記録が出るのか今から楽しみです。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

痛みを紛らわす簡単な方法があるそうです

仕事や家事など、何か作業をしているときに
うっかり怪我をしてしまったという経験はどなたも
一度はあるのではないかと思います。

そんな中、傷の程度に関わらず痛みに強い人もいらっしゃいます。
私の弟も手を切ってしまったりした際に、見ている方としては
とても痛そうなのですが「全然平気だよ」と何でもないように
ふるまっていました。
そのような痛みに強い人は、自分でも知らず知らずのうちに
薬に頼らず痛みを紛らわせる方法をとっている可能性があるのだそうです。

様々な研究で実証されたという、痛みに有効だとされている軽減方法を
紹介した記事があったのでご紹介したいと思います。

1つはコーヒーなどのカフェインを含む飲み物は筋肉痛に有効
なのだそうです。
筋肉痛になるような運動をする前にあらかじめカフェインをとっておく
ことで、後から起きる筋肉痛の痛みを防ぐことができる、ということが
最近の研究で明らかにされたのだそうです。
また、カフェインを摂取すると一般的にも知られている眠気や疲労などの
症状がなくなるだけでなく、歩く・座る・階段の昇り降りなどの日常的な
動きもてきぱきと、活発にできるような気分になったのだといいます。

しかしその一方で、コーヒーの飲みすぎは体にとっては良くないとも
いわれているため、筋肉痛などを防ぐためでも、その飲む量には注意が
必要なようです。

他には指を切ってしまった、など外傷が原因の痛みであれば、
その痛みのある場所をしっかりと見ることも、痛みの軽減に繋がるのだそうです。
自分の体と正面から向き合い、傷を確認することで負った傷がどの程度の
規模になるのかを把握することができ、結果として痛みを減らすことが
できるのだといいます。

その他にも「痛いときにこそ笑う」「痛みは自分のためと言い聞かせる」
「身の毛もよだつような恐ろしい絵を見る」などの方法があるのだそうです。

自分に言い聞かせるのはできるような気もしますが、痛いときに笑ったり、
怖い絵を見たりできる余裕はあまり無いんじゃないかな、とも思います。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

夢へ20年挑戦し続けている男性がいるそうです

いきなりですが、皆様はパーキンソン病という病気を
ご存知でしょうか?
パーキンソン病とは、主には40歳から50歳以降に発症し
ゆっくりと進行していく神経変性疾患なのだそうです。
神経の伝達物質であるドーパミンが減少することで起こると
考えられているそうで、日本では10万人以上の患者さんがいると
推定されているのだそうです。
パーキンソン病では、手足が震えたり強張ったり、動作が緩慢に
なったり、転びやすくなるなどが主な特徴ともいえる症状なのだそうです。

そのパーキンソン病を患いながらも、20年にわたって夢を追いかけている
男性がいるそうです。

その男性は、岡山に住むという西村範生さんという81歳の方で、
20年にわたってパラグライダーに挑戦しているのだそうです。

西村さんは総社市に生まれたそうで、岡山大学を卒業した後、
高校教諭や大学の教授などを歴任されたそうです。しかし、60歳のときに
両手が震える症状が現れたそうで、医師にパーキンソン病だと
告げられたそうです。進行してしまえば自力で歩くことも困難に
なってしまう病気であるため、幼い頃から憧れていた「空を飛ぶこと」を
実現するには今しかないと定年を前に退任し、62歳でパラグライダー
スクールに通い始めたのだそうです。

講習の後に約2ヵ月で始まったという体験フライトではブレークコードと
呼ばれる舵取り用のひもを思うように操ることができず、直進や平行状態の
保持にも苦労したそうです。くじけそうになったこともあったそうなのですが、
講習で飛んだ空を思い出して乗り越え、2年半がかりでライセンスを
取得したのだといいます。

西村さんのフライトはこれまでに約700回にもなるそうで「チャレンジこそが
最大のリハビリ」と挑戦を続けているそうです。
これからも、病気に負けずに挑戦を続けて欲しいと思いました。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

生きた化石といわれるカエルが発見されたそうです

生きた化石、といえば一般的には古代魚のシーラカンスなどを
想像する方が多いのではないでしょうか。

そんな中、国際自然保護連合が両生類としては初めて「絶滅」を
宣言したカエルが、イスラエルの北部でまだ生存していることが
分かり「生きた化石」と呼ぶべき種族だった、という論文が、
6月4日に英科学雑誌のネイチャー・コミュニケーションズに
掲載されたのだそうです。

この生存が確認されたカエルは「パレスチナイロワケガエル」という
カエルなのだそうで、国際自然保護連合が1996年にパレスチナ
イロワケガエルの唯一の生息地として知られていた、イスラエル北部にある
フーラ湖という湖が干上がった後、このカエルを無念の運命を辿ってしまった
巨鳥ドードーと同じ「絶滅種」として分類していたのだそうです。

しかし、論文によると2011年の10月に自然保護区の監視員が、生体の
パレスチナイロワケガエル1匹を小さな池の近くで発見したのだそうです。
それ以降も、オス5匹、メス1匹、幼生4匹の計10匹の標本を
約1.25ヘクタールの保護区域内で採集したのだといいます。

それだけでなく、イスラエル、ドイツ、フランスの研究者からなる
共同チームの論文によれば白斑のある茶色がかった体色のパレスチナ
イロワケガエルは、生存が確認されただけでなく、かなり珍しい
「生きた化石」に分類することができるのだそうです。

研究チームはDNA検査などを使用してアフリカ北部と西部に生息する
イロワケガエルとゲノムや体形、骨格の比較を行ったそうで、その結果、
パレスチナイロワケガエルは他のイロワケガエルとはまったく異なる
種であったうえに、「Latonia」と呼ばれる欧州では約100万年前に
すべて絶滅してしまっていたカエルの種群の唯一の現存種だったことが
分かったのだそうです。

しかし、パレスチナイロワケガエルの生息数はあまり多くはないそうなので、
もう一度「絶滅」が宣言されてしまわないように、しっかりと保護して
行かなければいけないなと思いました。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

コーヒーの過剰摂取には注意が必要です

作業をしなければならないのにどうにも眠くなってしまうときや
気分転換をして気合を入れ直したいときなどに、多くの方が飲む
ものといえばコーヒーというのが一般的なのではないかと思います。

コーヒーについては成分によっては健康効果をもたらすこともあると
聞いたことがありました、その一方でやはり飲みすぎは逆効果に
なってしまい、体にとっても良くないのだそうで、コーヒー好きの
方には注意が必要になるのだそうです。

今回の研究成果を発表したのは西オーストラリア大学の研究チーム
なのだそうで、彼らはコーヒーに含まれている「クロロゲン酸」という
物質に注目して研究を行ったのだそうです。クロロゲン酸はプラムなどの
一部のフルーツやお茶にも含まれているそうなのですが、その量は
コーヒーに含まれている量よりは少ないそうです。

クロロゲン酸は、過去の研究によって血圧を下げたり、脂肪を体に
ためにくくする作用など、健康にも良い効果をもたらすことが
示されてきたそうなのですが、研究チームはそのクロロゲン酸を
非常に多く摂取した場合、健康にどのような影響が生じるか、という
実験を行ったのだそうです。

実験では、肥満のマウスに対してコーヒー5、6杯分に相当する量の
クロロゲン酸を与えたそうです。
すると、マウスは体に脂肪をためこむという結果になったそうで、加えて
ブドウ糖を調節するホルモンのインスリンの働きが鈍くなってしまい、
糖尿病予備軍とみなされる状態になってしまったのだといいます。

今回の実験結果で、5杯以上という多い量のコーヒーはかえって肥満や
糖尿病になってしまうリスクを高めるということが示されたそうです。
研究チームは「健康効果を得られるかは飲む量により、3、4杯までであれば
心臓血管病や2型糖尿病が発生するリスクを軽減する効果が期待できます」と
話しているそうです。

5杯以上、という量はなかなか飲めないようにも思えますが、健康に
良いといわれるものでも適量というのが大事なようです。

---- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

新型のコロナウイルスが広がっているそうです

新型のウイルスというと鳥インフルエンザをすぐに
思い浮かべる方も多いと思いますが、その他にも
感染が広まってしまい、注意が必要になっている
ウイルスがあるのだそうです。

それは、新型のコロナウイルスなのだそうで、5月29日には
世界保健機構によってウイルスに感染してしまい亡くなった方が
27人になったことが明らかにされたそうで、感染者数は49人だそうです。

新型のコロナウイルスは中東を中心に感染が広がっているそうで、
直近の亡くなった方の事例は、サウジアラビアから報告があったといいます。

それに加えて、フランスでも感染が確認されているようで、
28日には入院していた男性患者が臓器不全のために亡くなってしまったといいます。
この男性が亡くなってしまった段階で、ウイルスによって
亡くなった方は23人目となっていたのだそうです。

男性はアラビア半島に渡航して感染したとされているそうなのですが、
世界保健機構のマーガレット・チャン事務局長はこのウイルスについて
「ウイルスが自然のどこに隠れているのか、どのようにして人に感染するのかも
分かっていない」として、情報を集めることが急務だと訴えたそうです。

世界保健機構は、このウイルスを「中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス」
と命名したそうで、「世界を脅かす」存在になっていると警告したそうです。

現在までの感染者はサウジアラビア、フランス、ドイツ、イギリスなど
8ヵ国で確認されていて、ほとんどが既往症のある男性なのだといいます。

どのように感染するかも分かっていないので不安ですが、個人でできる限りの
対策はしておいた方が良いのかも知れません。

-- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

二度寝をすると余計に眠くなってしまうそうです

夜は早めに休んで、しっかりと睡眠をとっているつもりでも
朝はなかなか起きられない、目覚めが悪い、という方も
いらっしゃるかと思います。
中には一度は目が覚めても、そのまま二度寝、三度寝を
してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私もつい夜更かしをしてしまうことが多いので、つい二度寝を
してしまうことがあります。そのため、しばらくしてから
目が覚めたときに時間を見て慌てる、という失敗もあります。

朝起きるために、目覚まし時計をセットしておいて解除するまで
一定の間隔で鳴り続けるスヌーズ機能を利用したりもするのですが、
鳴るたびに時計を止めて、寝てしまったりするため効果が薄いような
気もします。

二度寝をしてしまうと結果として慌てて起きるというイメージが
強いのですが、科学的に見ても二度寝をしてしまうと布団から
出るのがさらに辛くなってしまうのだそうです。

「ASAP Science」という科学情報サイトによると、目覚ましなどを
使用せずに自然に起きるときには、体温が上昇して眠りが徐々に
浅くなりドーパミンなどのホルモンが分泌されることで、体が
活動するための準備を始めるのだそうです。
目覚まし無しで起きたときの方があまり辛くないのは、脳も体も
ちゃんと覚醒しているからなのだといいます。

しかし、アラームで無理やり起きると眠りが中断されてしまうため、
起き抜けに眠気や疲労感に襲われることになってしまうのだとか。
加えて、ここで二度寝をしてしまうと睡眠のサイクルが入眠時に
戻って眠りがより深くなってしまうため、次のアラームが鳴ったときに
目覚めが更に悪くなるという悪循環を引き起こすそうです。

寝起きをすっきりさせるためには、やはりアラームではなく
自力で起きた方が良いそうで、毎日決まった時間に自然に目が覚める
習慣をつけるのが望ましいのだといいます。
それ以外にも、どんなに眠くても最初のアラームで起きた方が、
二度寝をして辛い思いや、慌てたりするのを減らせるようです。

-- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

今年の潮干狩りは貝にも注意が必要なのだそうです

5月ももうじき終わりに近づいてきましたが、海岸などの
海辺では潮干狩りができるようになっている場所も
多くなってきたように思います。
私も小さい頃に両親に潮干狩りに連れて行ってもらったことが
ありますが、アサリなどを自分で探して掘って、たくさん貝が
取れるのが楽しくて夢中になっていました。
獲った後も、自分でとった貝となると、食べるときの喜びも
大きかったように思います。

そんな、とって楽しい食べて楽しい潮干狩りですが、今年は
少し注意が必要になるようです。
なぜなら今年は、潮干狩りで獲った貝による食中毒が問題に
なっているからだそうです。

一般的に食中毒というと、鮮度が悪く傷み始めてしまっている
貝などを生のまま食べてしまい、嘔吐や腹痛などを起こす、
というイメージが強いのではないかと思います。
潮干狩りで獲ったものなら鮮度は良いはずなのですが、お店で
買ったものよりも、潮干狩りで獲ったものの方が危ないそうです。

というのも、大阪湾で獲れた貝から国の規制値を超えるほどの
貝毒が検出されてしまったためなのだとか。

アサリなどの貝は、プランクトンを主食としているそうなのですが、
毒を持つプランクトンを食べてしまうことで体の中に毒を溜め込んでしまう
のだそうです。
毒を大量に持った貝を食べてしまうと、下痢や嘔吐、舌や顔面のしびれ、
体のマヒなどが起こるそうで、最悪の場合には呼吸ができずに死に至ることも
あるといいます。
さらに、貝に溜まる毒は熱に強いため、火を通しても危険なのだそうです。

潮干狩り場では、今のところ獲ったアサリを安全なものと交換して
持ち帰ってもらうなどの対応をして、毒を持った貝を食べてしまわないように
対策を行っているといいます。

事前に貝毒の情報をチェックしておくなどして、潮干狩りを楽しく行えるように
確認と注意をした方が良いようです。

-- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

233匹の犬の血統証明が取り消しになってしまったそうです

皆様は、何かペットなどを飼っていらっしゃるでしょうか?
我が家では以前、犬を飼っていて、現在は猫を2匹飼っています。
我が家で飼っていたのは犬も猫も雑種であったり、知り合いのところで
生まれたのを譲ってもらったりした子ばかりなので、血統書などは
無いのですが、ペットを飼っている方の中には血統書つきかどうかも
飼う飼わないを決める判断の材料の内の一つにしている方もいらっしゃると思います。

そんな方にとって気になるニュースを見かけました。
「ノーリッチ・テリア」として、アメリカから日本に輸入された
犬3匹の血統の登録手続きに問題があったとして、日本で血統証明書を
発行しているという社団法人「ジャパンケネルクラブ」が、4月に
子孫にあたる犬を含む計233匹の血統登録を取り消したのだそうです。

「ノーリッチ・テリア」とはイギリス原産の小型犬なのだそうで、
足が短く、頑丈な体格が特徴なのだといいます。
価格は15万円から20万円前後で取引され、優秀な血統であれば30万円を
超えることもあるのだそうです。

今回、手続きに問題があったとされる3匹は、オス1匹とメス2匹だそうで
アメリカの愛犬家団体「アメリカンケネルクラブ」が血統登録したそうなのですが、
元々は、ハンガリーからアメリカに輸入された犬なのだそうです。
しかし、その輸入の際の血統証明書が虚偽だったため、血統登録の
解除が行われ、それに伴って過去のドッグショーの成績も無効に
なってしまうため、購入した方はショックを受けているといいます。

ジャパンケネルクラブでは「証明書は本来、交配の基本資料になるもので
犬の評価を表すものではない」と理解を求めているそうです。

血統証明が無くなってしまったからといって、捨てられてしまうというような
そんな悲しいことにならないことを願うばかりです。

-- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

理科の実験で想像以上の結果になってしまったそうです

皆様は学生のときなどにやった理科の実験を覚えているでしょうか?
リトマス紙の色の変化で酸性やアルカリ性などを調べたり、
電池のつなぎ方を変えて電球の明るさがどう変わるかなど
いろいろな実験を行ったのを覚えている方もいらっしゃるかと思います。

最近では、科学実験などを取り上げたコーナーがあったりするなど
なかなか個人では挑戦できないような実験を行っている番組を見かけることがあります。

簡単な内容であれば、自宅で試したという方もいらっしゃるかも
知れませんが、海外では理科の実験の際に女性の先生がミスを
してしまい、予想外のことが起きてしまったそうで、その様子を
撮影した映像が公開されていました。

その映像では、大きな試験管に何か薬品のようなものを注ぎ込む様子が
撮影されていました。
先生が薬品を注ぎ込んですぐに、もこもことした泡のようなものが勢い良く
吹き出して教室は大騒ぎになってしまったそうです。

その映像についていた解説によると先生が行っていたのは「ゾウの歯磨き粉」と
呼ばれる実験なのだそうで、漂白剤に使われる過酸化水素水に触媒として
ヨウ化カリウムを加えると、本来であればペーストのようなもこもことした
泡がゆっくりと大量に吹き出てくる、というものだったそうです。

しかし、公開されていた映像では先生が配分を間違えてしまったようで
大量の泡が一気に吹き出してしまったようです。

映像では、吹き出した泡で先生や生徒が怪我などをしたというような内容は
映っていませんでしたが、実験の内容によっては危険な事故に繋がる場合も
少なくないと思うので、安全のためにも注意して実験を行って欲しいと思いました。

-- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

googleで「Atari Breakout」と画像検索をすると遊べるゲームがあるそうです

googleといえばyahooと並んでよく使用されている
検索エンジンですが、いろいろな仕掛けがされていたり、
遊び心満載の隠しコマンドがあることをご存知でしょうか。

「do a barrel roll」と検索すると画面が一回転したり、
「askew」と検索すると画面が傾いて見えたりするそうです。
その他にも「lonliest number(もっとも孤独な数字)」と
検索すると「1」と教えてくれたりします。

ご存知の方も多いと思いますが、googleには隠しコマンドだけでなく
簡単に遊べる隠しゲームもあるそうです。

そして、今回その隠しゲームに新しく追加されたのが「ブロックくずし」
なのだそうです。
このゲームはアタリ社のビデオゲームである「ブレイクアウト」の
発売37周年を記念して公開されたものなのだといいます。

ブレイクアウトとは、1976年に発売された元祖・ブロックくずしゲーム
なのだとか。そのため、隠しゲームもブロックくずしになったようです。

「Atari Breakout」と入力して画像検索をすると、表示される検索結果の
画像が赤や青、オレンジなどのブロックに変わり、カーソルやマウスで
画像の下側にあるバーを動かしてボールを打ち返す、ブロックくずしで
遊ぶことができるそうです。

私はまだ挑戦していないのですが、ステージをクリアすれば次のステージへ
進むこともでき、検索結果が見たいときには「検索結果に戻る」を
クリックすると戻ることができるようです。

ただし、一回転や画面が傾いて見えるなど一部の隠しコマンドはIEでは
対応していないものもあるようなので、試してみる際には一度確認してみた方が
良いのかも知れません。

-- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

風疹患者数が5000人を超えたそうです

ウイルス、感染が広がっていると聞くと多くの方が
中国などで感染が拡大している鳥インフルエンザを想像
されるのではないかと思います。
しかし、鳥インフルエンザ以外にも気になるニュースを見かけたので
ご紹介したいと思います。

それは、風疹の患者報告数が今年の初めから4月28日までの累計で5000人を
超えたというものです。
これは国立感染症研究所の調べで分かったのだそうで、昨年1年間の報告数の
2倍を超える人数となってしまっているそうです。

風疹とは麻疹と似ているために日本では「3日はしか」と呼ばれているそうです。
伝染力は弱いそうで、一度かかった人は免疫ができるので二度とかからないと
いわれているそうですが、免疫が弱まったりしてしまっている場合には、まれに
再感染する可能性もあるそうです。

主な症状としては、発熱と赤くて細かい発疹が出るという全身症状が特徴なのだとか。
しかし、その発熱や発疹などよりも先に、耳の後ろから首筋にかけてリンパ節の腫れが
起こるそうです。この腫れは比較的大きいものだそうで、触ると痛みを感じたりするため
見過ごしてしまうということはほとんどないといいます。

風疹は、小さなお子様に多い病気とされているそうですが、大人でもかかることがある病気で、
妊娠されている方がかかってしまうと、胎児に障害が出てしまう可能性もあるため、
妊婦と接触する機会が多い家族は注意が必要なのだそうです。

今回の調査では、女性が1229人、男性が4213人という内訳になったそうです。
男性の場合は4月現在で34歳以上の人は、自治体の予防接種の対象になっていなかったため
患者数が多くなってしまったのではとされているようです。

予防のためにも一番効果的だとされているのはMRワクチンの予防接種を受けることのようです。
重い症状は出ない病気のようですが、周りの人にうつしてしまわないためにも、予防接種は
受けておいた方が良さそうです。

-- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

水筒でも金属中毒を起こす可能性があるそうです。

ゴールデンウィークも終わり天気予報では「夏日」とされるような
気温の高い日が多くなってきました。
お出かけの際には飲み物を持ち歩いたりして、こまめに水分補給を
心掛けている方も多いのではないかと思います。持ち歩くときには
水筒を使うという方がほとんどなのではないでしょうか。

しかし、飲み物が欠かせなくなるこれからの時期は「金属による
食中毒」が起きやすい時期でもあるのだそうです。

東京都の福祉保健局で発表されている事例によると、水筒でスポーツ飲料を
飲んでいたという児童6人が、頭痛やめまい、吐き気などの症状を訴えたのだといいます。
そこで飲んでいた飲料を調べると、大量の銅が検出されたのだとか。
銅は、水筒の二重構造の内部に使われていたそうで、水筒の内部に傷があり
そこにスポーツ飲料が染みこんだことで、銅が溶け出したと考えられているそうです。

その他の事例では、保育園で乳酸菌飲料を作ってやかんに入れていたところ、
それを飲んだ園児15人が吐き気や嘔吐の症状を起こしてしまったそうです。
これも、原因はやかんの内側の金属による中毒だったのだといいます。

水筒ややかんは普段から飲み物を入れて使うものですが、暑い時期に
人気の炭酸飲料やジュースは酸性度が高いため、条件によっては事故が
起きてしまうのだそうです。
というのも多くの方がご存知だとは思いますが、酸性のものは金属を溶かして
しまう性質があります。飲み物程度の酸性度でも長時間置いておくと、容器に
使われている金属を溶かしてしまうことがあるそうです。
その他にも、容器に傷が付いていると、水筒の保温構造に使われている、普段は
口にすることの無い金属が溶け出してしまう危険があるのだとか。

金属の食中毒を防ぐためにも金属製の容器には酸性の飲料を長時間入れない、
水筒などは先に内側から破損することが多いそうなので、定期的に新しいものに
交換するなどした方が良いそうです。
万が一、金属が飲み物に溶けてしまっていた場合、苦味や金属などの味がするそうなので
気付いたときには飲むのは止めるように、とのこと。

これからは何かと飲み物を持ち歩く時期になるので、細かい部分にも注意したいですね。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

スペインで45年ぶりに赤ちゃんが生まれた村があるそうです

以前から、日本では少子高齢化が進んでいるといわれ
問題になっていました。成人式などの時期になると、
新成人の人数が年々減少し、これで何年連続の減少になった
というようなニュースをよく聞いていたような覚えがあります。
少子高齢化や過疎化は世界中のどこの国でもある問題のようで、
住んでいる方が高齢の方ばかりの地域というのも珍しくないと思います。

スペインの南部にあるアンダルシア州、アルメリア地方には
住人が100人にも満たないという小さな村があるそうなのですが、
その村でめでたく赤ちゃんが生まれたそうです。

イケルさんとベアトリスさんという若いご夫婦は「初めて産む子供を
自然に触れさせたかった」「両親の近くに住みたかった」という2つの
理由からその村に住むことを選び、そして無事にお子さんが産まれたそうです。

しかし、生まれてから調べてみるとその村では1968年以降、一人も
子供が生まれていなかったことが分かったそうで「45年ぶりに
赤ちゃんが生まれた」と、ちょっとした騒動となってしまったそうです。

ご夫婦に赤ちゃんが生まれてから「とてもめでたい」と村の方々が
こぞって赤ちゃんを可愛がってくれているのだといいます。

初めてのお子さんで、困ったことや分からないこと、苦労なども
ご夫婦にはたくさん出てくるのではないかと思うのですが、
ご両親を始めとする村の方々もいるので、アドバイスを貰ったり
何かと気にかけてもらえる部分もあるのではないかと思います。

小さな村とのことなので、交通面など不便な部分もあるかも知れませんが
祝福してもらえる環境で子育てができるというのは、嬉しいこと
なのではないかな、と思います。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

富士山が世界遺産に登録されることになったそうです。

ニュースでも多く報道されているため、ご存知の方も多いのではと
思いますが、富士山が世界遺産として登録されることになったそうです。

これは世界遺産の登録の可否を調査する「国際記念物遺跡会議(イコモス)」という
機関から「国連教育科学文化機関(ユネスコ)」に「登録」とするように勧告があり、
決定したものなのだそうです。この決定を受けて今年6月にカンボジアで開かれる
「第37回ユネスコ世界遺産委員会」で正式に決定、登録されるようです。

今回の決定で無事に富士山が登録されると、日本の世界文化遺産は2011年に
登録となった平泉や、小笠原諸島など以来17件目となるのだそうです。
登録が決定となった富士山ですが、当初は自然遺産として世界遺産登録を目指していた
そうなのですが、山麓の開発が原因で発生したごみなどの環境問題がネックとなってしまい、
2003年の国内選考で落選し、その後に文化遺産として再度登録に挑戦したのだといいます。
しかし、今回の登録に関してイコモスからは「構成資産の内の、三保の松原除外すること」
という条件が出されているのだとか。

その一方で、富士山と同じく世界遺産に推薦されていた「武家の古都・鎌倉」は
世界遺産にふさわしくないとして「不登録」という勧告が出されてしまったそうです。
「不登録」とされてしまうのは、世界遺産にはふさわしくないと判断されてしまった場合だそうで
原則、再推薦は認められなくなってしまうそうです。ただし、制度上では6月の世界遺産
委員会にかけられる前に推薦を取り下げると再推薦は可能なようなのですが、その場合でも
コンセプトや構成資産などを大幅に変更して一から練り直さなければならないのだといいます。

練り直しが大変な作業であることは分かっていますが、再推薦ができるなら次こそは
鎌倉も登録されると良いなと思います。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

映画に登場したゲームで実際に遊ぶことができるそうです。

現在公開されている「シュガー・ラッシュ」という映画をご存知でしょうか?
「シュガー・ラッシュ」はディズニー映画の最新作で、テレビゲームの世界を
舞台にしたファンタジーアニメ映画となっているそうです。
映画にはクッパやソニックなど、有名なゲームキャラクターが登場するだけでなく
ファミコンのような懐かしいゲームや、PS3やXbox360、ゲームセンターに設置されている
最新のゲームまで色々なゲームが登場するのだといいます。
CMも放送されているため、映画自体は見ていなくても一度は見かけたことがある方も
多いのではないでしょうか。

シュガー・ラッシュはゲームがテーマになっているだけあって、映画を見た方の中には
「実際にこのゲームで遊んでみたいな」と思う方もいるようです。私はまだ見たことは
ないのですが、CMを見て「実際にあったら面白いかも知れない」と思ったことがあります。
そんな人にとって、嬉しい情報を見かけました。映画に登場するゲームが、実際に遊べる
そうなのです。

遊べるゲームは「フィックス・イット・フェリックス」「ヒーローズ・デューティ」
「シュガー・ラッシュ・スピードウェイ」の3つなのだそうです。
どのゲームもとても本格的に作られているそうで、どれをとっても十分に楽しめるのだといいます。
しかし、公式で紹介されているゲームとなると遊ぶためには有料の会員にならなければいけなかったり、
会員になることはなくても、やはり料金がかかってしまうことが多いというようなイメージが
あったのですが、紹介されているゲームは、どれも無料で遊ぶことができるのだとか。

公開されているゲームは、どれもパソコンのブラウザで遊ぶことができるそうなので
一度挑戦してみたいなと思います。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

今夜こと座流星群が観測できるそうです。

昨年は金環日食があり「世紀の天体ショー」として話題になりましたが、
それ以外にも天体ショーは起こっているようです。
私もこの記事を見かけるまで知らなかったのですが、毎年4月の中旬から
下旬ごろに見られる「4月こと座流星群」というものがあるのだそうです。

そして今年、2013年はその4月こと座流星群が今日、4月22日の午後9時ごろに
ピークを迎えるのだといいます。出現数は1時間に10個ほどなのだそうで、
突発的に多数現れることもあるのだとか。

4月こと座流星群は、その名の通りこと座の方向から出現する流星群なのだそうです。
出現数が突発的に増えることがあるため、予想よりも多くの流星が見られることも
あるといいます。この流星の流れる速度は速いのだそうで、その中には「流星痕」と
呼ばれる痕跡を残すものもあるようです。

今回の流星群の見頃は、4月22日の午後8時から4月23日の夜明けまでとのことで
月の入りを迎える22日の深夜、午前2時30分ごろには放射点が高くなり、比較的
観測しやすくなるそうです。

ピークを迎えるという午後9時ごろは月明かりの影響もあり、観測条件はあまり
良くないようなのですが、月明かりを避けるようにして北東の空を眺めると月が
出ていても流星群が見やすいようです。

私はこのような情報を知るとつい気になってしまい、夜になると空を見上げて
首が痛くなるまで流星を探してしまったりするのですが、皆様はどうでしょうか。
ピークの時間が午後9時ごろと比較的早い時間なので、お子様と一緒に見てみるのも
良いかと思います。ですが4月といっても夜は冷える場合がありますので、流星群を
見るときは上着を用意するなど防寒対策はしておいた方が良いかも知れません。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

コアラの生態と人間

先日見かけた番組で、コアラの特集が組まれていました。
コアラといえば、オーストラリアに生息する動物でユーカリの葉を
主食としていたり子供を母親がお腹の袋で育てたりとどちらかというと
のんびりとした動物、というイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、その番組によるとコアラはとても縄張り意識の強い動物なのだそうで
自分の縄張りの見回りなども頻繁に行っているようです。ですが、近年では
人間がコアラの縄張り内にある森などを伐採してしまったり開拓してしまうなど
してしまったためにコアラが縄張りの見回りのために道路を渡らなければならなくなったり
民家のすぐ側にまで現れるようになったのだといいます。
そのため、道を渡ろうとしたコアラが事故にあってしまったり、道路のすぐ側で
弱った状態で保護されることも多いのだそうです。

私はこの番組を見て初めて知ったのですが、コアラが主食としているユーカリの葉には
実はほとんど栄養が無いのだそうです。コアラは500グラムから1キロくらいの葉を
食べるそうですが、それでも摂取できる栄養が少ないため1日の内、食事以外のほとんどの時間を
眠って過ごすことでエネルギーの消費を極力抑えているのだそうです。
また、ユーカリの葉を消化するために盲腸が2メートルととても長いこと、そこにいる
微生物などの力を借りて葉を発酵させて消化しているのだとか。

番組の中では、事故にあったり弱ったコアラの保護などをしているボランティアの方や
施設が紹介されていました。
その中で、今保護されているコアラにとって膀胱炎が注意が必要なとても重大な病気なのだと
出ていましたが、その原因は人間が森などを開発することによるストレスなのだそうです。

勝手に開発を進めるのではなく、自然や動物を大切にしていくことも大事なのだと思いました。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----

コーヒーも飲み過ぎに注意が必要です

いきなりですが、何か作業をしているときに眠くなってしまった場合、
皆様はどのように眠気を解消しているでしょうか?
ガムを噛んだり、コーヒーを飲んだり、気分転換に伸びをしてみたりと
色々な方法があると思います。
また、眠気を覚ますだけでなく気分転換など何かとコーヒーが欠かせない
方もいらっしゃるかと思います。

一般的にも広く知られていることだとは思いますが、コーヒーには
カフェインという成分が含まれているため飲んでから30分くらい経つと
脳が刺激されるために目が覚めたようにすっきりし、集中力も高まるように
感じるのだといいます。

しかし、その一方で飲み過ぎてしまうと頭痛や疲労感、不安感、眠れない、
胃腸の調子が悪い、などの症状が出てしまうことがあるそうです。
濃いコーヒーを10杯飲むことが習慣になってしまうと、吐き気や震えなどの
心配になる症状を起こしてしまう場合もあるのだとか。その場合に、単純ではありますが
飲む量を少しずつ減らしていくと、頭痛や不安感が緩和された、ということも
あるのだといいます。

カフェインは、体内から半分くらい排出されるまで3時間から7時間ほどかかるそうなので
その間に飲み終え、もう1杯を用意しても気分をすっきりさせるというような感覚は
あまり得られない可能性もあるようです。そのため、飲む量が足りないのではと考えてしまい
結果、飲み過ぎに繋がってしまうのだといいます。

当たり前のことだと思うのですが、コーヒーにしても何にしても、やはり飲み過ぎ
摂り過ぎは体に良くない、ということなのだと思います。
私もコーヒーが好きでよく飲むのですが、その量には注意しようと思います。

--- ACCESS開発ならビジネスコンピュータ ----